スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月都議会に上梓される都条例改定案公開!

11月22日に都議会運営委員会に提出された性表現規制の〈都条例改定案〉を公開します。

6月に都議会で否決された青少年条例改定案だが、新たな案が11月22日に明らかにされた。
全文はこちらをご覧いただきたい。

この改定案は11月末開会の都議会に上程され、へたをすると12月半ばには事実上成立してしまう怖れがある。

改定案が明らかになったのを受けて、日本雑誌協会や日本ペンクラブではさっそく、本日22日に委員会を開いて協議を行っている。
改定案では前回非難の的となった「非実在青少年」などの表現は削除されたが、これは石原都知事の言うように「わかりにくい」「誤解を招く」という理由によるもの。
一部修正は施されたものの、性表現規制強化などの骨子は基本的に変わらない。

さて、3月から6月にかけて反対運動が大きく盛り上がり、それを受けて民主党都議からも反対意見が噴出することで前回の改定案は否決されたのだが、今回の修正案について問題は、都議会内部、特に民主党の状況がどうなっているかということだ。

11月16日付の読売新聞では「これまで反対していた民主党も修正内容に同意するとみられ…」と報じられている。
ただ11月22日付毎日新聞では、前回も反対した民主党・松下玲子都議「条例改正でなくても運用で対応できるはず」と条例改定に反対意見を述べている。

いったいどっちなの?と思ってしまうだろうが、複数の情報を総合すると、都議会民主党全体としては、どうも修正案には賛成する可能性が強いようだ。
前回も、もともと民主党としては賛成しようとしていたのを、反対世論の高揚でひっくり返した経緯があるが、今回は都側の根回しもかなり行われており、民主党が反対に回るのは相当厳しいようだ。
個々の民主党都議の中には反対論者もいるから、まだ予断を許さない面はあるが、今回は前回よりもずっと厳しいことだけは知っておいた方がよい。

ただ、前回、漫画家や表現者などを中心に、かつてないほど規制反対の声が盛り上がり、それが奇跡的に事態を動かした前例もあるから、あきらめるのは早い。
まず今回明らかになった改定案を分析し、どう考えるのか早急に議論を起こす必要がある。

しばらく休眠状態になっていたこの専用サイトも時間の許す限り、この問題を追跡し、今後、改定案をめぐる意見や経緯をお伝えしようと思う。

この問題に関心のある人は、ぜひツイッターその他で、多くの人に、事態の緊急性を訴えてほしい。

このままでは12月半ばにも決着がついてしまう公算が大だ。

スポンサーサイト

テーマ : 青少年健全育成条例改正案
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

なぜ欧米のキリスト教原理主義の主張を丸呑みするの?キャツらは、日本人は迷信を信じる愚かもの、と馬鹿にしてるんだよ!

全文を読もうと思ったのに途中までしか出ない。俺だけ?
とりあえず気になった表現は
「児童ポルノ及び青少年を性欲の対象として扱う図書類等」と
「漫画、アニメーションその他の画像(実写を除く。)」

大変失礼いたしました。
リンクを張り直しました。
全10ページです。

某成年系がメインの出版社の編集の知り合いにこの件について訪ねたが「ま~本出せなくなるわけでもないだろうし大丈夫なんじゃね~」と言われて力が抜けている。聞いてみると上層部もあまり危機感がないようだ。単純にマーク付けてるし、関係ないよね・・という認識だろう。あろうことか、某報道の「前回より範囲が狭まっている」という文章を全く検証することもなく受け入れている。ちょっと信じがたい。正直いっそのこと可決されて、市民運動おばちゃんを野に放ち、こいつらの作ってる本を店頭から全排除して欲しいとさえ思ってしまった。都民の責務として、この手のメディアの排除が盛り込まれている以上、いくらゾーニングしていると主張しても「ここに子供が入ってこないとは限らないですね」と言われてしまえばどうにもならない。いかに言い逃れをしようと、彼らが作っている本の大半が実際に行われれば法に触れるものばかりなのだ。もともと表現云々など考えてもおらず、売れるから出してる程度の認識で、今まで怒られたらクビを引っ込めていれば何とかなってきた経緯があるので、今回もその程度のものだと考えているようだ。おそらく条例文もロクに読んでないだろう。

成年系メインということでしたら、危機感が薄いのもやむを得ない気はします。今回の規制で直接被害を被るのは非成年向け作品ですから。

もっとも規制の根拠が「青少年への悪影響」なる立証されていないものなわけで、将来「成年への悪影響」を根拠に成年作品すら規制し始めないという保証はないのですが。

立証されていないなら何でもありですからね。

がっくりだよさん。
その知り合いの方に「とりあえず、報道をそのままうのみにするのではなくまずは今回の条文を読んでくれ。そして自分の頭で考えてくれ」と訴えてみたらいかがでしょうか。

ただ、私が思うに
出版社側だけがだらしないわけではないのではないでしょうか?

読者側であるオタクたちの中でも危機感を持っていない人はいます。
それならそれで別の楽しいこと探せばいい、なんてたかをくくっている人もいます。
でも、そういう人たちにいちいち腹を立てて挙句の果てに絶望する、なんて馬鹿らしいとは思いませんか?

すべての当事者たちがそうである、というならともかく、
真剣に憂い、対策を必死で考えている業界の人もいるのですから。

動いていない人を責めるのはむなしいだけですよ。
その人が動かないなら、他に動いてくれる仲間を探せばいいだけです。

仰るとおりです。確かに昨日はそのやりとりをしたすぐ後だったので、その知人のあまりののんきさに憤りを通り越して「がっくりだよ」な気分で思わず書きこんでしまいました。士気を下げるような言い方になり、お詫び申し上げます。あらためて名前は「まだやれることはある」にします。
その男は根拠なく楽天的な所があり、当事者意識が希薄で色々ツッコミを入れてみたのですが、これがのれんに腕押しで、「気にしすぎ!大丈夫でしょ(笑」という感じで全く危機感を共有できず、ジリジリしている自分が半分バカにされているような気分になってしまったんです。
彼自身はそれほど重要な地位の人間ではないので、実際に上層部が危機感を持っているのかいないのかはわからないのですが、成年内容でコンビニ売りのマークなし雑誌も持っており、マーク付きではありますが、産経的な表現をすれば「漫画児童ポルノ」を扱う出版社ですし、所謂ジュニアアイドル系にも関わっていますので、今回の条例改正とその先にあるものに危機感を持たないというのは、やはり異常な気がします。まあ出版社そのものが反対しなくても雑協などが早々に反応してくだされば、これほどイライラしないで済むのですが・・・
私自身は個人でできる範囲で、反対派議員の方への応援をさせていただいています。
個人でできる事はかぎられておりますが、科学的根拠もなく、実写や小説は問題視せずアニメ漫画だけを狙い撃ちにするような「都指定」の良識・道徳観の押し付けによる表現弾圧には納得いきませんので。個々人でもまだまだやれることはありますね。

今回も非常事態です。この改正に同意をする大阪府も似たような条例を作るようです。
こちらについては二次ではなくジュニアアイドルの写真集などが対象になっているようですが
これ等は実際に被害の可能性から見て特に規制されても良いとは思いますがこれ等と共に
漫画なども巻き込んで規制されないとも限りません。
そりゃ中には行き過ぎた作品もあるのが実情ですがそういう物に対してピンポイントで対象に
するのであればまだ許せるかもしれませんが...
これが可決されることによって誰が得をし誰が苦しむ事になるのか。
そしてどれだけの打撃がでるのかわかってやるのでしょうか?自ら首を絞める様な条例なのに...
出版社もそうですが販売する側がキチンと分けて販売すれば済む事ではないのですか?
条例で言われるようなシーンを含んだ漫画は成年誌と同じコーナーで販売するとか、
免許証ではないですが似た感じの物でも作って未成年には買えない様にするとか何かできる
ハズです。何でもかんでも御上が決める事では無い様な気がします。国自身が他国にアニメや漫画
をもっと知って貰おうという事もし始めているのに何を考えているのでしょうか?
このまま漫画(アニメ)大国、日本といわれた時代は終わってしまうのでしょうか

日本国憲法
第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

もう、裁判起こすしかない
カウンター (2010-3-23より)
プロフィール

月刊『創』編集部

Author:月刊『創』編集部
傍聴記や資料、関係者のコメント等、随時アップしていきます!

創出版HP↓ 
http://www.tsukuru.co.jp/

tsukuru_shuppanをフォローしましょう

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
記事一覧
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
都青少年育成条例の改正案に疑義・反対! 作家・出版社リスト(順不同)
ちばてつや/弘兼憲史/かわぐちかいじ/小林まこと/前川たけし/八神ひろき/赤松健/藤沢とおる/山本航暉/天碕莞爾/芹沢直樹/こしばてつや/酉川宇宙/大和和紀/深見じゅん/中村真理子/秋元奈美/国友やすゆき/西岸良平/はやせ淳/高口里純/和屋カヲル/わたなべまさこ/藤子不二雄A/さいとう・たかを/やまさき十三/北見けんいち/あだち充/高橋留美子/青山剛昌/萩尾望都/赤石路代/秋里和国/畑健二郎/若木民喜/本宮ひろ志/荻野真/ビッグ錠/粕谷紀子/津雲むつみ/槇村さとる/板垣恵介/浜岡賢次/安彦良和/山口貴由/田畑由秋/高橋葉介/吉富昭仁/余湖裕輝/今川泰宏/戸田泰成/佐藤健悦/吉野弘幸/糸杉柾宏/山本賢治/さめだ小判/上江州誠/森田繁/金子ひらく/名和宗則/魔夜峰央/酒井美羽/文月晃/大見武士/中村卯月/山田こうすけ/佐野タカシ

秋田書店/角川書店/講談社/集英社/小学館/少年画報社/新潮社/白泉社/双葉社/リイド社

2010年3月15日現在
参考文献
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。