FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月18日の都議会総務委員会で行われた議論・1

大変お待たせいたしました!

3月18、19日の都議会総務委員会に、記者の長岡義幸さんが傍聴に行ってきました。そこでどんなやりとりがなされたのか、詳しいレポートが届きましたので早速アップします。


=============================================

京都青少年条例の改定・強化案の採決が3月19日の都議会総務委員会で棚上げになった。
継続審議を求めた民主党に、生活者ネットや反対を決めていた共産党が同調、改定案の採決を求めると見られていた自民党・公明党も民主党の提案を呑み、委員会を構成する全会派一致で「閉会中の継続審査」が決まったからだ。4~5月の閉会中に参考人を呼ぶなどの審議を続行し、6月の第2回定例会で採決が行われる見通しだ。

実は、15日に里中満智子さんやちばてつやさん、永井豪さんほか出版業界関係者らが民主党総務部会のヒアリングに応じ、引き続いて記者会見や都議会内での300人規模の集会を開いた直後、民主党執行部は会議で採決に対する態度を決めたという。
19日の採決前には、提案者の都青少年・治安対策本部も巻き返しの一手を打ってきたらしいが、総務委員会の前の理事会では、当初、改定案に賛成すると見られていた自民党・公明党も、旗色が悪いと見て、その場で継続審議に賛成すると表明。この時点で採決の先延ばしが決まった。規制反対派が先行きを案じてじりじりしていたさなか、会派間や行政との間では微妙な駆け引きが行われていたようだ。


青少年条例の改定案について実質審議が行われた18日の総務委員会には、定員20人の傍聴席に40人以上の傍聴希望者が集まり、40席に増やされた。やむなく傍聴をあきらめた人も大勢いた。
委員会は、午後1時に開会し、青少年条例の審議は午後1時40分ごろからはじまり、2回の休憩を挟んで、午後8時まで行われる長丁場となった。

審議を通じていくつか明らかになったことがある。
東京都の考える「非実在青少年」の判断基準や改定条例案に連動した「東京都規則」の具体案、性的描写が青少年にどのような影響を与えるのかについて東京都がどう考えているか、といったことだ。

各議員の質問には、青少年・治安対策本部(青少年対策担当)の浅川英夫参事が答えた。

民主党の小山くにひこ議員は
「条例改正案に対して多くの反対の声が届いている。東京都は意図せざるところに進んでいるのではないか。本来、事業者、作家の声を聴取して条例改正を行わなければならなかったのではないか」
と慎重姿勢を示しつつ、条例案では「非実在青少年」を「年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの」としていることに対して、具体的な判断基準の説明を求めた。


浅川「年齢や学年を表示し、明らかに18歳未満が登場していることがわかるもの。視覚的に幼く見えるということではない。たとえば小学校で授業をしている描写のように限定する。服装は小学校の制服、所持品はランドセルや名札、背景としては小学校や幼稚園の校舎や、何年何組という描写など。音声は幼い声というのではなく、情景の描写やナレーションの内容による。作品中で18歳未満が描かれていなければ、非実在青少年とはならない。配慮を十分に行う。不健全図書の指定時には、青少年健全育成審議会に諮るので恣意的な判断は排除される」

小山「18歳以上と明記されれば該当しないというのは、矛盾を抱えている。定義が明確ではない」

小山議員はさらに、改定案の条文中にちりばめられた「東京都規則で定める」としている8項目の規則の公開を求めた。規則とは、たとえば、従来から行われている「性的」「残虐性」「自殺・犯罪誘発」の3類型の「不健全」図書指定にかかわっては、現行の青少年条例で次のように規定されている。

(不健全な図書類等の指定)
第8条 知事は、次に掲げるものを青少年の健全な育成を阻害するものとして指定することができる。
一 販売され、若しくは頒布され、又は閲覧若しくは観覧に供されている図書類又は映画等で、その内容が、青少年に対し、著しく性的感情を刺激し、甚だしく残虐性を助長し、又は著しく自殺若しくは犯罪を誘発するものとして、東京都規則で定める基準に該当し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあると認められるもの



「東京都規則で定める基準」は施行規則に明記されている。
「性的」を取り出すと、次のような基準だ。

(指定図書類、指定映画等の基準)
第15条 条例第8条第1項第1号の東京都規則で定める基準は、次の各号に掲げる種別に応じ、当該各号に定めるものとする。
 一 著しく性的感情を刺激するもの 次のいずれかに該当するものであること。
  イ 全裸若しくは半裸又はこれらに近い状態の姿態を描写することにより、卑わいな感じを与え、又は人格を否定する性的行為を容易に連想させるものであること。
  ロ 性的行為を露骨に描写し、又は表現することにより、卑わいな感じを与え、又は人格を否定する性的行為を容易に連想させるものであること。
  ハ 電磁的記録媒体に記録されたプログラムを電子計算機等を用いて実行することにより、人に卑わいな行為を擬似的に体験させるものであること。
  ニ イからハまでに掲げるもののほか、その描写又は表現がこれらの基準に該当するものと同程度に卑わいな感じを与え、又は人格を否定する性的行為を容易に連想させるものであること。
(※かつては、条例中に明記した規則にもとづく規定ではなく、それよりも軽い扱いである都知事決定の「認定基準」でしかなかった。2004年の条例改定時に、施行規則に格上げされている)



小山議員の質問に答えて、浅川参事は、改正案で新設しようとしている「規則」を読み上げた。

多岐にわたるので、改定案の「非実在青少年」にかかわる第8条2の
「販売され、若しくは頒布され、又は閲覧若しくは観覧に供されている図書類又は映画等で、その内容が、第7条第2号に該当するもののうち、強姦等著しく社会規範に反する行為を肯定的に描写したもので、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を著しく阻害するものとして、東京都規則で定める基準に該当し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあると認められるもの」
のみを取り出すと、次のような内容だと説明した。

※ 強姦、強制わいせつ等刑罰法規に触れる性交又は性交類似行為を不当に賛美し又は誇張するもの
※ 近親相姦等著しく反倫理的な性交又は性交類似行為を不当に賛美し又は誇張するもの
※ これらを擬似的に体験させるもの


2001年の条例改定の際には、「自殺・犯罪誘発」を新たに「不健全」図書指定の対象に加えた。
しかし、都議会での審議中に行政当局が「認定基準(当時)」の案を明かすことはなく、条例改定案が都議会で成立後、しばらくして、ようやく業界側に案として提示されるという経過をたどっている。業界に提示する前に、どのような案文が検討されているのか、私が取材を申し込んでも、青少年課は明らかにしなかった。
今回、都議会の審議中に案文が提示されたのは、その内容の如何は別にして、画期的なことといえるかもしれない。ただし、「性的」「残虐性」「自殺・犯罪誘発」に比べれば、茫漠とした内容で、行政の恣意の余地を大きく広げた基準案だったこともはっきりしたといえそうだ。


(つづく/以上、長岡義幸[インディペンデント記者])


スポンサーサイト

テーマ : 青少年健全育成条例改正案
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター (2010-3-23より)
プロフィール

月刊『創』編集部

Author:月刊『創』編集部
傍聴記や資料、関係者のコメント等、随時アップしていきます!

創出版HP↓ 
http://www.tsukuru.co.jp/

tsukuru_shuppanをフォローしましょう

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
記事一覧
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
都青少年育成条例の改正案に疑義・反対! 作家・出版社リスト(順不同)
ちばてつや/弘兼憲史/かわぐちかいじ/小林まこと/前川たけし/八神ひろき/赤松健/藤沢とおる/山本航暉/天碕莞爾/芹沢直樹/こしばてつや/酉川宇宙/大和和紀/深見じゅん/中村真理子/秋元奈美/国友やすゆき/西岸良平/はやせ淳/高口里純/和屋カヲル/わたなべまさこ/藤子不二雄A/さいとう・たかを/やまさき十三/北見けんいち/あだち充/高橋留美子/青山剛昌/萩尾望都/赤石路代/秋里和国/畑健二郎/若木民喜/本宮ひろ志/荻野真/ビッグ錠/粕谷紀子/津雲むつみ/槇村さとる/板垣恵介/浜岡賢次/安彦良和/山口貴由/田畑由秋/高橋葉介/吉富昭仁/余湖裕輝/今川泰宏/戸田泰成/佐藤健悦/吉野弘幸/糸杉柾宏/山本賢治/さめだ小判/上江州誠/森田繁/金子ひらく/名和宗則/魔夜峰央/酒井美羽/文月晃/大見武士/中村卯月/山田こうすけ/佐野タカシ

秋田書店/角川書店/講談社/集英社/小学館/少年画報社/新潮社/白泉社/双葉社/リイド社

2010年3月15日現在
参考文献
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。